ジャクソン キャールブレード入荷です

5月25日金曜日.....天気の良い金曜日ですが.......予報では明日週明けにかけて傘マークが点灯してます
明日は、降水確率80%.......夜から明け方にかけて一気に天候が変わるンでスかね........

さて本日は、トラウト用のプラグの入荷のお知らせですが.......
見た目......バスにもイケそうな感じのプラグが入荷してきました
キャールブレード
スナッグレス機能を備えたトラウトプラグ
Cyarl Blade キャールブレード
キャールブレード

トラウトプラグといえばオーソドックスにミノータイプをイメージするのですが......
このキャールブレード......見た目はまんまカエルです
キャールブレード
ジャクソンのHPの説明によると......
ボサ周りや倒木周りなど、渓流ルアーにもスナッグレス性を求められるポイントは多数存在します。
しかし、ルアーの一部を瞬間的に咥えるトラウトのバイトでは、
バスルアーのようなスナッグレスシステムでは著しくフッキング率が低下してしまい、
トラウトルアーへの流用ができませんでした。
そんなジレンマを解消すべく開発されたのがキャールブレード。
左右の足の間にシングルフックを配し、足で障害物を回避することによってスナッグレス性能を得ました
ただ、回避できるだけではフッキングの問題が残ります。
キャールブレードではボディそのものの動きを意図的に抑え、両足に付くブレードの存在感が勝るように設計。
トラウト達は存在感の勝っているブレードをめがけてバイトします。そこにはフックが
つまりフックをめがけてバイトするように設計されております。
そのため、高いスナッグレス性を発揮しながら、フッキングへの影響を最小限に抑えてあるのです

確かに、ここ最近はトラウトもキワドイ処を狙ことが多くなってきました
従来のミノータイプですと、キャストして巻き始めた途端......ガキッ......  っと沈んだ木などにフッキングって事も
折角の美味しいポイントもそのミスキャストでスレてしまうことも
っで、登場したキャールブレードなら安心ってワケでして.......

まぁ~まずは動いているところを......

何だか良い感じにすり抜けてきてます........

キャールブレード
サイズは、35mm、重さは3.5gSinkingタイプでフックサイズは#6

ややサイズが小さいですが......バスにもイケそうなキャールブレード
トラウトファンに限らず.......バサーにもオススメのプラグ.......おひとついかがでしょ

以上本日のアップでした
関連記事