釣研 征黒&黒鳳

本日は、3月発売予定の釣研の征黒&黒鳳のご紹介を.....!

まずは、棒ウキタイプの黒鳳
黒鳳
じっくりと腰をすえて、デカチヌの微妙なアタリを取るのは棒ウキが一番!
黒鳳
近距離~中距離をカバーする、長さ26cm
遠距離をカバーする33cmの2種類の長さ!
サイズは、26cmが0・B・2B・3B・5B
33cmが0・B・2B・3B・5B・0.8号・1号
視認性の良いチョイ太目のトップを採用
トップ部の脱着も出来ますので釣り場までの移動時に
トップがポッキ!って事もなくなります
黒鳳
外したボディーにはゴムのハカマが付いていますので
トップの変わりにケミホタル37をさして夜釣りもOK!
黒鳳
春先のチヌの乗っこみシーズン間近!
低水温時のウキのトップを押さえ込むような小さなアタリを取るには
黒鳳のような棒ウキがよろしいかと.....!

棒ウキタイプもいいが、やっぱり円錐ウキタイプがって方はコチラを....征黒
征黒
最大外径27mm全長33mmのドッシリとした円錐ウキ
(エイジアLCクラスの大きさですね)
サイズは、00・0・G2・B・2B・3B・5B・1号の8サイズ
糸穴径はストレートの2mmパイプを採用していますので
沈めて使ってもよし、浮かして使ってもよし
さらに、チョイ大きめのボディーサイズですので
遠投での誘いを頻繁に行う釣りも重心がセンター付近にあるため
ゆっくりと姿勢を戻し、チヌに違和感なく食い込ませる
見た目の割には小技が使えるウキですyo


棒ウキの黒鳳!円錐ウキの征黒!
さて今シーズンのチヌはどちらでチャレンジしますか?

また、好評のツインフォースの限定カラーバージョンも発売されます!
フォース限定カラー
チョイ深タナ狙いの時や、風が強く上潮と底潮の動きが
微妙に違う時などに活躍するツインフォースシリーズ!
蛍光イエローの下ウキが底潮の動きを捉える事により
目視できやすいので、その日の潮の流れのパターンが読みやすくなる為
釣りの組み立てが容易になります!

以上、3月発売の釣研の新製品のご紹介でした!
関連記事